« 株主総会というもの | トップページ | リコーがペンタックス買収 »

2011/07/01

区立図書館の節電対策

 今日から電力制限令が発動され、大口需要家は電力使用の15%使用制限を求められます。第1次石油危機の1974年以来、37年ぶり。大口需要家ではないと思いますが、区の公共施設も節電策が更に強化されています。
 昨日、区立図書館にいったら案内を渡されました。目黒区立図書館では今日から9月22日まで、原則火曜~金曜の午後1時から午後4時までの間、図書館全館で閉館。電力消費が増える時間帯に閉館という措置です。図書館で勉強しようとしていた受験生は困るでしょうね。
 目黒区立図書館のような節電対策、他の区でもやっているのかとちょっと調べてみたら、区によって対応はまちまちです。たまに利用する世田谷区の図書館は、通常の月曜日に加えて、平日に休館日を追加で設定します。つまり開館している日は通商営業(?)ですが、週5日営業になる、ということです。大田区とか港区はこれまで通りで開館時間の短縮、閉館日の追加はありません(都内の図書館の商況をまとめてくれている便利なサイトがあります)
 区のよって図書館の運営、節電対策の計画などいろいろな要素から判断されたのでしょう。節電という事情ではありますが、利用時間が減ってしまうのは区民サービスの低下ではあります。
 ともあれ、暑い夏はこれからが本番。いろいろ大変そうです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 区立図書館の節電対策:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。