« イッセー@大手町、3年目 | トップページ | ニンテンドー3DSの新聞チラシ »

2011/07/15

LED電球を使ってみる

 近所のセブンイレブンが2軒、照明をLEDに取り替えていました。セブンイレブンはこの夏、LED照明化などで25パーセントの節電を発表しています。節電という点からLEDが注目され、少しずつ普及しているようです。
 我が家もLED化を前から考えていたのですが、なかなか実現していませんでした。というのも、うちの照明器具は調光器付きのものが多く、これがLED化にはネックでした。LED電球はシャープ、東芝、パナソニックなどいくつもメーカーから出ていますが、いまのところ調光器対応は種類が少ないです。ウエブサイトでみても、どれを買ったらいいのかよくわかりません。
 昨日量販店にいく機会があったの、店員さんに教えてもらって、LED電球を買ってきました。電球を選ぶポイントのひとつに明るさがありますが、LED電球はワットではなくルーメンという単位で選びます、たとえば810ルーメンから60ワット相当となっています。
 LED電球は、節電と長寿命という利点があります。シャープのウエブサイトによれば電気代は白熱電球に比べると約4分の1、寿命は約40倍、という数値が掲載されています。かなりのメリットではありますが、LED電球はまだまだ高い。810ルーメンの調光器対応のものが4500円ほどと電球としては破格の値段。とりあえず3つほど買ってきました。
 実際付け替えてみると、意外といいです。もともと100ワットの白熱電球を60ワット相当のLEDに替えたのですが、白熱電球より明るい感じです。夏の時期は白熱電球は熱い、というデメリットがあるのですが、LEDはそれがありません。ここも利点です。
 しかし、節電にはコストがかかりますね。これはちょっと痛いです。

Led


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: LED電球を使ってみる:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。