« 本誌より立派な広告冊子 | トップページ | スーパークールビズって? »

2011/06/01

平塚市美術館へ

 東京近郊にはいくつも公立のミュージアムがあります。博物館はもちろん多くの自治体で運営されているのですが、美術館もいくつかあります。神奈川県の平塚市美術館もそのひとつ。見る機会がなくありませんでしたが、昨日行ってきました。美術館は平塚駅から徒歩20分ほどのところ。歩くのはちょっと距離がありますが、バスがあり、本数も多いので不便はありません。
平塚市美術館が開館したのは1991年3月。今年でちょうど開館20年です。市役所、中央図書館、博物館など公共施設がある一角にあります。

Fucyu_museum1

 立派な建物です。設計は日建設計。いかにもバブル期に計画されたミュージアムだなと感じます。展示室は2つと市民ギャラリー、ホールもあります。常設展示室はなく、企画展に使う展示室で適宜コレクション展を行っています。
 建物の特徴は展示室前に広がる広い空間。ここまで、と思えるほど広大なスペースです。

Fucyu_museum2
 
 ちょっと不思議なのは、これだけの広い空間がありながら、何故か美術館らしい非日常な感覚になれない。どうしてなんだろう。目黒区と同じほどの人口の平塚市。美術館は平塚市のほうが大きいです。単純に比べてもしかたありませんが。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 平塚市美術館へ:

コメント

163さん
「そこから別空間に気持ちが入って行けるような感じかしら」
おっしゃるとおりです。
ちょっと残念な感じのミュージアムです。

投稿: 自由なランナー | 2011/06/03 07:42

広がりですね。
そこから別空間に気持ちが入って行けるような感じかしら。

映像で見る限り、天井の高さや空間は広がりがあるのに、そういう感覚が得られないのは、残念ですね。

WSも盛んと聞いているので、一度行ってみたいと思っています。
ありがとうございました

投稿: 163 | 2011/06/02 08:28

163さん
ご無沙汰しています。
非日常というのは「いつもと違った感覚になる空間」を感じるってことを言いたいのですが(伝えにくいですが)。
具体的には世田谷美術館、宇都宮美術館、宮城県美術館あたりが、私に合ったミュージアムかな。
平塚市美術館はエントランスから展示室へ入っていく動線で、空間の広がりがないことが、ちょっと不満なわけです。
ともあれ、いまやってる企画展、とてもいいので是非どうぞ。

投稿: 自由なランナー | 2011/06/02 05:08

こんにちは。
「非日常に感じない」というに興味を持ったので、書かせて頂きます。
せっかく来ても日常を引きずるってこと?

私も機会がなく行った事がないので、「そうそう」ってピンとこないのかもしれませんが。

それはどんな感じですか?

投稿: 163 | 2011/06/01 13:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。