« 仙台の夜 | トップページ | 松島の力 »

2011/04/24

40日後の被災地

 ボランティアをするでもなく,この時期に被災地にいくことは批判もあるかと思います。ただ、義援金をすること以上のことで何かできるのかを見つけたい、という思いもあり、宮城にいってきました。しかし、ブログでどのように伝えるかも難しいものがあります。
 写真もかなり撮ってきましたが、それを紹介しても、現地の状況、思いは伝わらないとも感じます。ただ、あの日から40日が経ち、今の現地の状況を少しでも伝えられればと、何枚かを掲載します(写真をクリックすると大きい画像になります)。

 亡くなられた方、行方不明の方が5,500人をこえた石巻市(22日現在、市のウエブサイトより)。恐ろしい数字です。石巻駅から歩いて15分ほど、「石ノ森萬画館」。ここの建物は無事でしたが、周りはほとんど水にさらわれています。復興の思いを込めてか、鯉のぼりがあがっていました。

 Photo

 この石ノ森萬画館のそばに、「岡田劇場」という映画館がありましたが、跡形もありません。
 信号機ではこんな光景が。電柱に畳がぶら下がったままです。信号機はついていなく、警官が誘導しています。
 
Photo_2

 石巻の歓楽街でみた電話ボックス。ガラスはなくなり枠だけ。そばにはあの日のままでクルマが放置されています。

Photo_3

 
 仙台に近い多賀城。ここには勤めていた会社の大きい工場があります。その前で見かけたもの。
 
Photo_4

 折れ曲がったバス停です。

 復興には時間はかかるかもしれませんが、自分にできることでお手伝いしたいと改めて思いました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 40日後の被災地:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。