« なにもかも自粛か | トップページ | 大学の入学式 »

2011/03/25

刺激が足りなかった岡本太郎展

 生誕100年を迎えた岡本太郎の目玉とも言うべき「岡本太郎展」を見てきました。会場は平日にもかかわらず賑わっていました。ほとんどが若者です。マスメディアでの広告宣伝の効果でしょう。
 さて肝心の展示ですが、正直言ってちょっと期待はずれでした。「岡本太郎だから」という根拠のない期待感があったのですが、展示されていた作品からは強い刺激を受けませんでした。作品は油彩、立体作品、写真、商業制作物などさまざまですが、それらから受けるものは画一的なものです。「こんな表現があったんですね」というものは少ない。特に油彩画は表現されているものが、なんか同じような気がするんです。
 岡本太郎本人は特異なキャラクターの持ち主です。そのキャラクターが作品に顕れていないと感じます。ミュージアムの情報サイトartscapeに本展のレビューがあります。先入観をもって見てはいけないと思い、レビューを読まないでみにいきました。鑑賞後、このレビューを読ませていただくと、私がぼやっと感じていたことが的確に書いてあります。
 岡本太郎は、著書での言葉、行動を追っていったほうが、刺激を与えられるかもしれません。ちょっと不満が残った岡本太郎展でした。

Photo


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/51206029

この記事へのトラックバック一覧です: 刺激が足りなかった岡本太郎展:

コメント

bubu@さん
展覧会では太陽の塔の中の写真がありました。面白そうですね。公開してくれたら、観に行きます。

投稿: 自由なランナー | 2011/03/28 05:48

岡本太郎って言ったら太陽の塔ですから。あの中身、一般公開して欲しいものです。去年に限定で公開してたんだけどね。結構痛んでるらしいので、修復しないといけないとか。(^^;
一回見てみたいなあって思います。

投稿: bubu@ | 2011/03/25 21:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。