« 少しずつ | トップページ | 買いだめはやめなよ »

2011/03/14

情報との向き合い方

 地震についての情報をどのように取っているのかは、もちろん人様々です。テレビ、ラジオ、Twitter、ウェブサイトサイト・・・・・・。最近は、マスメディアの凋落、そしてソーシャルメディアの拡大が語られ、マスメディア不要という極論もあります。先週のNHKクローズアップ現代では、「テレビはいらない?!~急成長するインターネット放送~」と題してにこにこ生放送とのコラボ番組をやっていました。
 このたびの地震は、日本におけるTwitterが初めて経験する大規模な情報流通ではないでしょうか。Twitterはこのような危機的状況でどこまで正確で、求める人にとって必要な情報が発信できるのか。まだ結論はでていません。
 地震発生直後Twitter上で拡散した(拡散という言葉も、初めて知りました)コスモ石油千葉製油所の爆発炎上に対するデマ情報。もともとはチェーンメールが発信元で、Twitter上でもリツイートされ広がっていったようです。Twitterの利点であるリツイートの使い方を適切にやらないと、とんでもない情報が広く流れてしまうということです。
 Twitterのタイムライン上のつぶやきは、多くは2次情報であるということを忘れてはいけないと思います。地震情報では、自治体が情報発信を行っていますが、この情報以外は安易にリツイートしないほうがいいでしょう。
 地震情報で改めて感じたのは、テレビ、ラジオの情報力。映像情報を含めた取材に基づく情報の力は圧倒的です。この地震情報伝達の経験から、メスメディアとソーシャルメディアのそれぞれのできること、役割などがいづれ議論されることでしょう。
 なにより大切なのは、メディアからの情報を自分の視点、考え方で取捨選択する力(メディアリテラシーと言えばいいでしょうか)をつけることだと思います。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 情報との向き合い方:

コメント

くしこさん
ご無沙汰しています。ご無事でなによりです。
安心しました。
日本のTwitterがはじめて遭遇した「有事」で、情報発信をどのようにすればいいのか、ということが問われていると思います。
宇多田ヒカルのことがネットでも紹介されていましたが、有名人が情報精度を見極めて発信すれば、情報伝達の有効な手段になりますね(秋田出身の加藤夏希が、頻繁に情報を出しているのが私には印象的)。
余震も続いていますので、くれぐれもお気を付けてください。

Twitter acount:@beautifulnoiz

投稿: 自由なランナー | 2011/03/14 23:02

こんばんは。
盛岡では幸いにも被害が少なく、我が家では丸1日とちょっとで普段の生活に戻ることができました。。

Twitterは事実からデマまで本当にいろんな情報が錯綜していますね。
その中で、俳優さん等フォロワーの多い著名人が有用な情報を選んで多くリツイートしていたのが印象的でした。(オムツ代用品のつくりかた、炊き出し情報など・・)

TAROの塔の松尾スズキの地震体験記も、緊張感を緩めてくれる間抜けで?楽しいつぶやきでした。

自由なランナーさんのおっしゃるとおり、「自分で情報を取捨選択すること」、本当に何よりも大切ですね。今回改めて実感いたしました。

投稿: くしこ | 2011/03/14 22:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。