« 情報との向き合い方 | トップページ | 地震に対する大学の対応 »

2011/03/15

買いだめはやめなよ

 地震の支援としての最低限しなければいけない節電。テレビの視聴は最低限にして、情報はFMラジオからに。また、パソコンの使用も、仙台の知人の安否確認を行うことを中心に、最低限にしようと努めています。Twitterも原発事故の憶測、批判、犯人さがしのつぶやきが溢れ、読む気がなくなりました。
 今日、10時前から計画停電の予定だったのですが、うちのエリアは急遽対象外になりました。そこで近所のスーパー(碑文谷のダイエー)に買い物に出かけました。母親が欲しいものがあることもあり、行ったのですが、すごい状況です。
 食料品の棚は、がらがらなところが散見されます。米、牛乳は全滅。11時すぎでしたが、レジは長い列。並んでいる人をみると、中高年の女性が大半。それにその旦那連。駐車場は混んでいなかったので、近所の人たちでしょう。
 私は女房に頼まれたものと切れてしまった焼酎だけを買ったのですが、レジを終わったときには、列は短くなっていました。おばさん連中は開店と同時になだれ込んで、欲しいモノを買い込んだのでしょう。ほんとに必要なものだけを買って欲しい。買い物を済ました人をみると、マイバッグを大半が持ってきいない人たちで、年配なのに節約の意識が高くないことにもちょっと驚きます。
 高校生のときでしょうか、石油ショックで買い占めが社会問題となりました。そういえば、ドラッグストアではトイレットペーパーを買う人で列ができていました。
 そんなたくさん買っても、しまっておくところないでしょう。おばさん、おじさんたち、買いだめやめて欲しい。ひどい中高年が一握りであることを願います。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買いだめはやめなよ:

コメント

燕蛙さん
おっしゃるとおり「共感と連帯の意識だけは持ち続けたい」と思います。
この国をつくってきた中高年が買い占めをする姿を見ると、なんかすごく情けなくなります。やっぱり自分のことしか考えていないんですかね。

投稿: 自由なランナー | 2011/03/16 20:53

bubu@さん
 50Hz地域だけしか節電は効果がないことを理解している人が意外と少ないのかもしれませんね。「電力が枯渇するので関西電力から融通してもらう」なんてデマ、ほんと信じられません。
まずできることは、少なくてもいいから義援金だと思います。
原発事故で、関西方面に「疎開」を勧める知識人もでてきて、ホントパニックにならなければいいと願っています。

投稿: 自由なランナー | 2011/03/16 20:45

不安なのは分からない事も無いんですがしかし余りにも共感性と納得性に欠ける行動は如何なものかと思いますね…。小泉政権当時声高に語られた自己責任と云う訳の判らない価値観の浸透の現象で無ければ良いのですが…。現在個々では現実的に何も出来ないですが共感と連帯の意識だけは持ち続けたいですね…。

投稿: 燕蛙 | 2011/03/16 09:21

でも、関係ない(節電しても送電できない場所)人間までやって意味有るのかって思う。(関東以北って限定して欲しいです)
その件で、デマ横行してるし。

なんかパニックになってる感じですね。見ていて呆れるかぎりです。日頃の行いをちゃんとやってないって感じる。

こちらまで、そういうのなってるし(^^;

投稿: bubu@ | 2011/03/15 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。