« さぼうるのナポリタン | トップページ | イッセー尾形 on  USTREAM »

2011/02/22

尾崎豊の電子書籍

今日の朝日新聞、日経新聞とも全面広告で掲載されていた尾崎豊の本の広告。なんのことだと思いました。『尾崎豊 覚え書き』(須藤 晃)というもう10年以上前に出された本の広告です。原本は小学館文庫ですが、この広告のポイントは、電子書籍で配信をしていること。つまり電子書籍版の広告です。
 この本を原作にしたテレビ番組が、3月にテレビ東京で「風の少年~尾崎豊 永遠の伝説」と題して放映されるのにあわせての広告のようです。広告のキャッチコピーには「思いは、形を変えて生き続ける」とあります。電子書籍の全面広告は珍しいのでは。でも、日経新聞電子版では広告はふつうには見ないので(実際の紙面を見るシステムも完備しているので、でそこまでいけば広告は見られますが)、紙の紙面を見ないとこの尾崎豊の電子書籍広告には出会いない、ということですね。

Photo

 尾崎豊のこの電子書籍は、4種類の電子書籍ルートに配信されています。電子書籍専用端末ストア(ソニーREDEER、シャープGALAPAGOS)、スマートフォン(iPhone、アンドロイド)、携帯、パソコン。一口に電子書籍といってもこれだけの「書店」があるわけです。小学館としては目玉コンテンツなので、すべてのルートに配信しているのでしょう。
 ここでパソコンでの配信は、小学館の電子書籍サイト「eBOOKS」での提供です。ここでは専用ビューアー「ブンコビューワー」をダウンロードして読む仕組み。ブンコビューワーはいくつかの電子書店で使っているもので、XMDFフォーマットに対応したビューワーです。
 電子書籍、いろんなのはありますね。フォーマット、読書スタイルなど様々なもの提案されていて、有力なものはまだないのが現状です。しばらくは、この状態で進化していくんでしょうね、きっと。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 尾崎豊の電子書籍:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。