« iPhoneの使い勝手 | トップページ | 久しぶりの「金田」 »

2010/10/01

更に薄くなっている週刊文春

 昨日、週刊文春を買って電車の中でめくっていて気になったのですが、巻頭、巻末のモノクログラビアの紙が薄くなっているような気がします。以前より紙の質が落ちているのではないか。手元に古いバックナンバーがないので、確信を持っては言えないんですが……。
 そもその本誌が薄い。昨年の暮れに、こんな指摘をしたのですが、そのときより更に薄くなっています。今週号(10月7日号)は168ページ、先週号は162ページしかありません。どんどんやせ細っていく感じです。定価は相変わらず350円ですが、そのうちこっそり値上げするのでは。
 最近は週刊誌をほとんど買わないのですが、他のもののこんなやせ方なんでしょうか。こと週刊誌に関しては、
景気回復はほど遠いようです。

Bunnsyun


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 更に薄くなっている週刊文春:

コメント

さいのめさん
コメント遅くなりすみません。
おっしゃるとおり、時代にマッチしていないのかもしれません。若い世代なんて週刊誌買わないし。もう将来はないでしょうね。

投稿: 自由なランナー | 2010/10/04 07:49

こうした週刊誌の問題は、景気の問題なのかなあ。やっぱりもう単なる時代遅れの化石かもしれない・・・。編集部と話していても、頭、固いもの・・・。いまはもう「どうしたら売れるか」という視線ばっかりだから、ますますつまらない。遊び、つまり「雑」の部分の余裕がないのだよね。

投稿: さいのめ | 2010/10/01 22:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。