« 蒲田の立ち飲み、かるちゃん | トップページ | 更に薄くなっている週刊文春 »

2010/09/30

iPhoneの使い勝手

 iPhoneを手に入れて3ヶ月ほど。なにかと注目されるアップルの製品ですが、使ってみての感想はというと。iPhoneに対する先入観は、小さなコンピュータ。LAN回線がない場所でも、ウェブやメールを見ることができる端末としての機能がいちばん大きいと思っていました。
 実際使ってみると、ほぼその通りのものですね。3G回線でどこでもメールを見ることができるのが便利。ウェブの閲覧はなにせ画面が小さいので、拡大して見るにしても、常時使うのかきついところです。
 iPhoneを使い始める前は、ツイッターでつぶやくのに適しているだろうと思っていました。確かにどこでもつぶやけるのですが、ツイッターでしっかりした情報を発信しようとすると、パソコンからキーボードで打つ方がいいです。
 先日、慶應大のシンポジウムで夏野剛さん(DoCoMoでi-modeをつくった一人)が、ベストなのは「ガラケーとiPadの3Gモデルの組み合わせ。iPhoneを使っている人は、やせ我慢して使っているだけです」と言っていました。iPhoneユーザーはどんな使い方をしているんでしょう、私にとっては、ちょっと贅沢なおもちゃかもしれません。

Iphone

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPhoneの使い勝手:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。