« 増える「冨士屋本店」 | トップページ | 森山大道が語る路上スナップの極意 »

2010/08/30

3331 ARTS CHIYODAの魅力

 行ってみたいと思っていた「3331 ARTS CHIYODA」を訪れてきました。外神田にあった錬成中学校をアートスペースとして再生した場所です。元が中学校ですから、建物としては小さくありません。地下1階、地上3階のスペースを様々な用途に使っています。
 1階はギャラリーでは、企画展示が行われています。広いスペースがいくつかの展示スペースに分けられて、写真、インスタレーション、絵画などの展示がされています。
 2階、3階は多摩美、エイブルアートなどいくつかのアートプロジェクトのスペースがあり、定期的の展示をおこなっているようです。また、館内のスペースを使ってセミナー、イベントも開催されています。 
 館内を見ていると、なにか快適な感覚になりました。構えた美術館でもなく、入るのに勇気がいる画廊、ギャラーでもなく、自由な気分でアートに触れられる場所です。
 ちなみに、「3331 ARTS CHIYODA」の3331は、「江戸一本締め」に由来します。
「かけ声の『イヨーオ』は、「祝う・祝おう」が語源といわれ、さらに『シャン・シャン・シャン』と三回打つことが三回で合わせて九(苦)となり、最後に『シャン』と一回打つことで苦を払い、『九』に一画加えて『丸』になるとされています」(WEBより引用)。
 意欲的なアートスペース、3331 ARTS CHIYODAのこれからに注目したいと思います。

Arts_cyd

3331 ARTS CHIYODA

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/49292168

この記事へのトラックバック一覧です: 3331 ARTS CHIYODAの魅力:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。