« 佃の、古いけど、すてきなアートスペース | トップページ | 電子書籍市場2014年に1300億円 »

2010/07/06

アマゾンとペリカン便

 一昨日あたりからニュースで騒がれているゆうパックの遅配で、思いついたことがあります。まず、アマゾンへの影響はないのか、ということ。10年前、アマゾンは日本進出にあたった、日本通運と提携して市川に物流センターを開設。今ではこのセンターが日本でのアマゾン成功の原因のひとつともいわれています。
 そもそもペリカン便がゆうぱっくに統合されたことなど知らなかったのですが、この統合でアマゾンの配送はゆうパックになったのでしょうか。最近は本を一冊単位でしか注文していないので、配送は佐川のメール便です。いつのころからか、アマゾンでの小さい荷物は佐川になっていました。
 大きなものはペリカン便? 過去の履歴を調べてみると、ヤマト便になっていました。いつからペリカン便から変わったんでしょう。市川の物流センターはどうなってしまったのか。
 アマゾンはペリカン便とゆうぱっくの統合での影響を察知していたのかも(笑)。ともあれ、ゆうパック問題でのアマゾン遅配はなさそうです。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/48808914

この記事へのトラックバック一覧です: アマゾンとペリカン便:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。