« アートビジネスは拡大しているのか | トップページ | 日経新聞電子版の使い方 »

2010/05/13

アップルのいま

『週刊ダイヤモンド』の特集は「アップル丸かじり」。表紙はシンプルなリンゴマークだけが配されているだけのものですが、これアップルの了解とるの簡単だったのかなと妙な推測をしてしまいます。

Daiamond_apple

 この特集、ダイヤモンドの読者層に合わせた記事が目に付き、興味深いです。たとえば、「ビキナーもフリークも使えるiPhone」という記事では、iPhoneの使い方を細かに解説。ダイヤモンドの読者層はIPhone持ってない人が多い、というのが前提のようです。
 また、先日から予約が始まったiPadは、4ページを使って細かくアプリケーションを紹介しています。これはちょっと面白い。確かにここを読むと、iPad少しは欲しくなったりします。
 特集全体を通しての印象は、アップルのタイアップのようです。iPodくらいしか使っていないダイヤモンドの読者層(中間管理職以上?)に、アップルユーザーを増やそうとしているのでしょうか。「オジサンのためのアップル入門」といった趣の特集です。さて、iPad、どうしようかな。迷いますね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/48329516

この記事へのトラックバック一覧です: アップルのいま:

コメント

bubu@さん
そうなんですよね。パソコン、時間とられてしょうがない。なるべく近寄らない方が時間が増えます。

投稿: 自由なランナー | 2010/05/17 06:27

でも、意外と必要ないかもね(^^

某士業さんは携帯もろくに使えない言ってました。元はゲームお宅だったらしいですが(^^;

PCにはまると、仕事が出来ないのがわかってるから、家にはTVも無いそうです(^^;

投稿: bubu@ | 2010/05/15 01:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。