« 0%ビールの活用度 | トップページ | たかが200円なのにね »

2010/05/16

思い出横丁のディープな岐阜屋

 久しぶりに新宿の思い出横丁へ。別名○○○○○横丁とも言われるなかなかな場所ですが、昼間いったため、店を開いているのは半分くらいです(気になったのは「つるかめ食堂」がやってなかったのですが、閉店していませんよね?)。ラーメンを食べたくなって、新しくなった「満来」に入ろうと思ったのですが、名物のチャーシューメン1400円に恐れをなして退散、思い出横丁に辿り着きました(笑)。
 Gifuya ここでいつも入るのは「岐阜屋」です。中華料理屋ですが、客層をみるとほとんど飲み屋です。昼間の12時だというのに、ほとんど客がビールとかチューハイとかで一杯やってます。私は、大学の先生に会う予定があったため、酒はやめておきました。
 いただいたのは、もやしそば。中華屋の定番メニューですが、最近はこんなものも食べられる店がへった気がします。ちゃんとあんかけになっている正統なもやしそばです。お値段が550円、それを大盛りにして650円です。この岐阜屋ではチャーシューメンは700円。ただのラーメンは、なんと400円です。安いです。
 思い出横丁の岐阜屋は、庶民の味方です。こんどは、酒をいただきたいですね。

Gifuya_moyashisoba


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 思い出横丁のディープな岐阜屋:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。