« 小松政夫さんが光るイッセー尾形の二人芝居 | トップページ | 立ち食いそばではない冨士そば »

2010/03/05

すばらしきシニア画家たち

 横須賀美術館では、一風変わったテーマで企画展が開催されています。「ワンダーシニア30(サーティー)展」と題された展覧会は、60歳代から70歳代を中心としたベテラン洋画家32人の作品を展示するものです。画家さんというのは(あくまで私の印象ですが)、概して長生きです(夭逝する人も少なくないですが)。
 展示の仕方に工夫が凝らされています。サラリーマンで言えば定年を過ぎる歳を過ぎてなお、活発に創作活動をする画家たち。彼らが若いころに描いた作品と最近描いた作品、2点を並べて展示しています。長い画家としてのキャリアの中で描かれた2つの作品。新旧の作品を並べてみせられることで、その表現の変容の仕方がそれぞれで興味深いです。かなり画風が変化している人がいる一方で、あまり表現手法は変わらず共通のテーマで描いている人もいます。
 展示されている画家さんは、浅学な私ゆえ、多くのかたを存じ上げませんが、横尾忠則、佐野ぬい、篠原有司男、絹谷幸二といった(私にとって)有名な画家さんです。こんなことを申し上げるのは失礼なのですが、やはり長く画家をやられている方の絵は、みていて落ち着きます。とても心が落ち着きます。
 この展覧会のサブテーマは「現代日本の画家が描く、それぞれの昭和、平成」。画家というひとりの人間を感じるすばらしい展覧会だと思います。

Senior


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/47699686

この記事へのトラックバック一覧です: すばらしきシニア画家たち:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。