« 現美がちょっと変わってた | トップページ | 来年、テレビ、新聞は消えるのか »

2010/03/30

東洋経済の鉄道特集

 今週号の東洋経済は「鉄道新世紀」が特集です。前にもこんな特集やってたな、と思って自らのブログを振り返ってみると、去年の7月に「鉄道進化論」というのをやってます。進化論の次は、新世紀ですか。表紙は、タイトルが大きく書かれ、あまり凝ってないデザインではあります。
 その表紙に書かれた記事の見出しを拾ってみると・・・・・・。「JR全路線&主要私鉄 収支の実態」「462 駅力ランキング」「激化する高速鉄道の実態」「新幹線・リニア最前線」「混雑・遅延解消する」「世界一の技術とデザイン車両」と、なかなかバラエティに富んだ内容が並びます。
 Toyokeizai とはいっても今号の特集は、東洋経済という経済誌ならではの観点の記事もありますが、その一方で鉄道ファンの琴線に触れるような記事もいくつか配置されています。たとえば鉄道のデザインをあつかった記事のなかに「鉄道デザインベストセレクション」というのがあります。これなど、あまり経済面から語られていません。この記事を書いているのは宇都宮美術館の主任学芸員の橋本優子さん。デザイン史が専門の方のようで、鉄道をデザインの視点で解説してくれてます。
 鉄道特集をやると部数が伸びるのでしょうか。東洋経済としても、読者のニーズにあわせて紙面づくりをやっているいるのでしょう。編集部にも鉄道ファンがいるの違いありません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/47946272

この記事へのトラックバック一覧です: 東洋経済の鉄道特集:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。