« 薄さに感じる「日経トレンディ」の寿命 | トップページ | ハイボール、サントリーVSキリン »

2010/02/10

キリンとサントリー統合破談に感じること

 キリンとサントリーの経営統合破談のニュースを見たとき、「やはり」という感想でした。業界トップと3位の統合とい、いわば「勝ち組同士」の経営統合を目指していたわけですが、そのゴールにたどり着きませんでした。
 新聞などの報道によれば、破談の大きな理由は統合比率の問題、そしてサントリー創業家の株式の扱いだったといいます。キリンの主張した統合比率は、当初1:0.5で、これがサントリー側の考えと大きく隔たっていたとのこと。これでは創業家の発言力が落ちてしまうとの思いだったようです。
 そもそも、統合を目指すとの発表時点で、財閥系で上場企業のキリンと同族経営で非上場のサントリーの結婚がうまくいくかが焦点でした。予想されていたとおり、うまくいかなかった。やはり、社風の違いは大きかったのでしょう。複数の企業に勤めた経験がおありの方ならわかると思いますが、企業の「社風」「風土」はそれぞれです。そしてそれはそう簡単には変わりません。そして、社風は外から見えるものと実態は違っていることが多いと思います。
 同族企業というのも難しい。非上場、同族企業の風土は、かなり独特な思想、考え方があるだろうと推測します。企業の国際化という視点では、今回の破談は残念ですが、キリン、サントリーそれぞれの企業にとっては、幸せだったかもしれません。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/47519404

この記事へのトラックバック一覧です: キリンとサントリー統合破談に感じること:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。