« 字数制限のないレポートとイッセー尾形 | トップページ | 電子書籍端末と新聞 »

2010/02/03

直久というラーメン店

 先日、新宿の都庁へ仕事で。ちょうど昼時なので、敷地内にある飲食街にある「直久」へ。都内に何軒あるラーメン屋ですが、都庁にもあったとは知りませんでした。シンプルなラーメンを食べさせてくれるところで、値段も安く、いつも賑わっています。
 でも都庁の店は、ちょっと場所がよくないのか、そんなに混んでません。穴場かもしれないな、と思いつつ「ラーメンとミニマーボ丼」のセットを注文。760円ですが、この店ラーメン屋にありがちな食券制でないところがいいです。おばさまが注文をとりにきてくれます。

Naokyu

 ところでこの直久、どこに店があるのかなとWEBで調べてみると、数寄屋橋の店、昨年末に閉店していました。入居していた銀座東芝ビルが売却されたため、退去しなくてはいけなくなったようです。この数寄屋橋店、よくいったのに、いつの間にか閉店。ちょっっと寂しい。数寄屋橋の店は1967年開店だったとか。かなり歴史があったのですね。
 いまどきのラーメン屋は、いろいろ凝っているメニューがそろっているのですが、どこも高い。平気で700円、800円もします。それに比べてこの直久のラーメンは450円。いまどきこれだけの値段で食べられるラーメンは、立ち食い以外はそんなにないのでは。値上げせずに頑張ってください。
 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/47461462

この記事へのトラックバック一覧です: 直久というラーメン店:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。