« さくらやの閉店 | トップページ | 「キンドル」がきた »

2010/01/28

紀ノ国屋のこと

 一昨日からマスコミで報じられた高級スーパー紀ノ国屋のJR東日本による買収についてのニュースには、ちょっと考えさせられました。この高級スーパーまったく縁がないのですが、うちから歩いていけるところに店があり、半年に1回くらい行きます。レジに並んでいると、カートいいっぱいの買い物をして、カードで何万円を払っている夫婦によくでくわします。「これは、うちまで届けてくださる」なんておっしゃってます。
 こんな光景をみると、高級スーパーは健在なんだなと思うのですが、そうでもないんでしょうか。青山の店は、確か何年か前に土地を売却して、高層ビルになりました。デザインが凝っているAo(アオ)というビルになっています。そこの地下に店があります。新しい店は入ってことないのですが、古い店は確か入り口が2階じゃなかったかな? 
 新聞記事によれば、創業家などからがすべての株式を買い取るとか。紀ノ国屋は、同族経営だったのでしょうか。成城石井も焼き肉や牛角を経営する会社に株を売却しましたが、ここも確か同族経営だったはず。いまや、「ほどほど」な規模のチェーン店はやっていけなくなっているようです。
 新聞によれば、JR東日本は現在の鉄道部門以外の売上比30%を2017年には40%にしたい意向だとか。これって多角経営としてはすばらしいのですが、なにかしっくりこない。駅の立地条件のよさを商売にすることも、ほどほどにやったほうがいいと思います。

| |

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 紀ノ国屋のこと:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。