« 「キンドル」がきた | トップページ | 建築家・内井昭蔵をみる »

2010/01/30

iPad登場をめぐって

 一昨日発表されたアップルのタブレットPC。iPadと命名されています。前々からネットでは噂になっていたものが、いよいよ登場ですね。報道されている写真をみると、まさに大きなiTouchって感じです。ハードウエアとしてはいろいろ特徴はあるのでしょうが、気になるのは電子書籍のサービスとしての機能とサービスです。電子ブックのオンラインストアiBookを始めることで、アマゾン、ソニーが開拓した電子ブック市場へ参入です。
 日経新聞の記事では「携帯端末、競争激しく」と題して、「パソコンと携帯の間、個性的な新製品次々と」書いています。iPhoneなどスマートフォン、小型パソコンのネットブック、そしてキンドルのような電子書籍端末。どれも気軽に持ち運べて、ネットにつながる製品。なんか、あっという間に製品の種類が増えてしまったようです。そしてiPadの登場です。最新テクノロジーに強くないオジサンにはついていけない世界です。
 日経新聞の記事で指摘されていたのですが、これらの製品を開発したのは、アメリカ、台湾など日本以外の国だという事実は、かなり気になることです。製品面、そしてサービス面でも外国勢に先んじられないのは、どうしてなのでしょう。この国のものづくりは、最先端な製品には力が及ばないのか。これが我が国のレベルかも、と思ってしまいます。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: iPad登場をめぐって:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。