« マラソンブームは本物か | トップページ | 越後妻有トリエンナーレに行ってきました »

2009/09/05

富士宮焼そばとは

 大学の図書館で本を借りるため、青山へ。渋谷駅から大学に向かう道の途中に、ちょっと前に開店した「富士宮焼きそば」の店があり、腹ごしらえに入ってみました。富士宮焼きそばというのは以前からB級グルメのひとつとして、その名前はきいていましたが、実際食べるのは始めてです。
 富士宮やきそばとは、そもそもどんなものなのか。Wikipediaによれば、

富士宮やきそばは、通常のやきそばとは製法や使う食品が大きく異なる。普通の焼きそばとの違いは大きく3つの点が挙げられる。
・麺のコシの強さ(麺が指定されている)
・肉かす(ラードを絞った後の豚の脂身)の使用
・仕上げに削り粉をふりかける

 そうなんですね。かなりこだわりのある焼きそばのようですね。店のメニューは焼きそばとイカ焼きそばの2種類。それに九条ネギ、マヨネーズ、温玉、マヨネギなどのトッピング。お店の一押しというマヨネギをたのんでみました。
 
Yakisoba

 すこしばかり期待していたのですが、そんなに印象的なお味ではありません。全体的に味がちょっとしつこい感じ。肉かすのせいでしょうか。同じ焼きそばなら、横手焼きそばのほうが好きです。焼きそばといえど、いろんな味があるものです。

☆ちなみに店は「こころ」です。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 富士宮焼そばとは:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。