« 富士宮焼そばとは | トップページ | 越後妻有アートトリエンナーレの魅力 »

2009/09/06

越後妻有トリエンナーレに行ってきました

 2000年には始まった「越後妻有トリエンナーレ」、正式には「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ」が今年開催されています。ちょっと遠方ではありますが、今年を逃すと3年後。思い切って出かけて来ました。新潟県十日町を中心とする760k㎡に370点あまりのアート作品が展示さている大きなアートフェスティバルです。
 そもそも一日で見終えることは出来ないだろうと予測していたにもかかわらず、日帰りの日程です。ほんとに広い。移動だけでもかなりの時間がかかります。現地でレンタカーを借りたのですが、朝10時から6時過ぎまでで、走行距離は120㎞。歩いた歩数は2万歩近く。昼飯は時間が惜しいのでコンビニおにぎりとおでん。日帰りなんで計画が無理なんです(苦笑)。ほんの一部しか作品、みていません。
 それでも、楽しんできました。緑豊かな自然に囲まれてアートを楽しむのは、この上なく気持ちがいい。東京に戻ってからは、接することのなかった雄大な大地を感じ、素敵なアート空間を味わってきました。写真をいくつか撮ってきたのですが、まだ整理できていないので、明日以降、ご紹介しようと思っています。

Photo

帰りも乗り継ぎとかで慌ただしく、夕飯も越後湯沢駅で買った焼き鳥と越後ビールで、新幹線車内の夕食となりました。
 
Echigo_beer

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/46134568

この記事へのトラックバック一覧です: 越後妻有トリエンナーレに行ってきました:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。