« 選挙はもうすぐ | トップページ | エルヴィスの銅像が神戸に »

2009/08/15

小松政夫さんのすごさを再認識しました

 原宿クエストで『小松政夫とイッセー尾形のびーめん生活2009』を拝見してまいりました。すごく楽しみにしていた舞台です。小松さんとの共演で、イッセーさんはいつものひとり芝居では見られない顔を見せてくれるし、また小松さんの生演技も見られる貴重な機会ですから。
 いやー、小松さんすごいです。涙ながしてわらいました。イッセーさんとの共演で、小松さんの魅力が引き出された感じです。ネタは全部で6本。お二人の年代に合わせてか、昭和30年代に時代設定されたネタがいくつかありました。6本のネタのうち、4本は昨日の舞台2日前からネタ作りを始めた、とアンケートにイッセーさんが書いてました。その通り、アドリブというか、その場でネタをつくってような生な演技です。
 ちなみにネタは(命名は私)、
・自動車セールスマン(オリンピック前年)
・女の子とおばあさん
・じいさんとばあさん夫婦(女の子出演・昭和33年代初め)
・クリスマスケーキとサラリーマン
・楽器弾きと少年(小松さんの演技堪能)

Issey_2

 終演後、久し振りにサインをいただきました。小松さんもしてくれました。素敵な夜を過ごしました。

Issey_1


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小松政夫さんのすごさを再認識しました:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。