« 神谷バーのワインケーキ | トップページ | 不況の影響受ける米国のミュージアム »

2009/03/14

宮城県、財政再生団体に転落か

 大手のマスコミではあまり取り上げられていないようですが、宮城県をめぐる衝撃的なニュースが昨日報じられました。地元紙、河北新報のニュースを引用します。

宮城県は12日、2009―13年度の中期的な財政見通しをまとめた。5カ年の財源不足額の累計は、最も楽観的に見積もっても867億円に上ると試算。歳入条件を変えた2通りのシミュレーションを試みたが、どちらのパターンでも11年度には自治体財政健全化法に基づく「財政再生団体」への転落が避けられない見通しとなった。

「財政再建団体」といえば、最近では夕張市が思い浮かびますが、県のレベルで指定を受けた例はないのでは。どうしてこんな状態になってしまったのでしょう。前から、宮城県の財政はまずい、とはきいてはいましたが、ここまでとは。感覚的な印象では、同じ東北では青森、秋田などのほうがよっぽど財政的には厳しいそうです。
 宮城県は、東北唯一の政令指定都市・仙台市を持ち、東北6県の中ではいわば「勝ち組」となっても、なんの不思議もありません。それなのに、財政再生団体へ転落の危機です。計画性なく、お金使っちゃたんですかね。地方財政はどこも厳しいのが現状。更に、この不況で税収の落ち込みは間違いありません。宮城県、どうのような対策をとるのでしょう。心配です。

河北新報ニュース

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 宮城県、財政再生団体に転落か:

コメント

まず公務員給料を30%減額する。
議員定数を40%削減し、歳費を30%減額する。
その後、市民にも協力を呼びかける。
これしかない!

投稿: | 2009/03/22 20:41

ヒロ子さん
おっしゃるとおり仙台の一人勝ちだったのでしょう。ほんと浅野さんはどう言い訳するんでしょうね。

投稿: 自由なランナー | 2009/03/16 22:28

宮城県は結局仙台市の一人勝ちなのでしょう。
私の住んでいる市はバブリーな時代から貧乏で、
仙台市が羨ましかったですし…
橋本知事のような賢明な方に知事になっていただきたいものです。
某元知事がテレビに出ているのを見ると、
腹立たしい…

投稿: ヒロ子 | 2009/03/15 16:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。