« いくつもでているオバマ就任演説本 | トップページ | エスクァイア日本版が休刊! »

2009/02/25

BRIOという雑誌、売れているのか

 昨日、朝日新聞を読んでいたら、雑誌「BRIO」の広告がなかなか楽しい。表紙が石田純一と山本モナ(しかし、山本モナって、マスコミに人気ありますね)。記事の内容が興味深いです。ひとつめの特集が「まだ間に合う40代の趣味デビュー」です。その趣味って、サーフィン、カート、料理、速読術、乗馬、ジャイロトニックなどとか。速読術って趣味か?ジャイロトニックって何? そもそも40代で趣味デビューって特集も、大胆といえば大胆。

Brio_20090224

「小山薫堂氏と本誌編集長がカクテル作りに挑戦」なんて企画もあります。そういえば、40代の頃、カクテル習ったこと思い出しました。カクテル作り、はやっているのかな。
 ふたつめの特集は「石田純一 六本木の夜」。いや~、すごいなこの企画。石田純一、六本木でどの辺りうろついているんでしょう。そもそも、この人、いくつになったんでしょうね。
 このBRIO、対象は40代を対象としているようですが、売れているでしょうか。どんなひとが読者なのか。私としてはこのBRIOよりゲーテのほうが好感が持てます。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/44164684

この記事へのトラックバック一覧です: BRIOという雑誌、売れているのか:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。