« 石内都:detailの先にみえるもの | トップページ | おばちゃん店員の安心感 »

2008/12/02

エルヴィスの新作クリスマスアルバム

 早いものでもう12月、クリスマスがすぐですね。この時期になるとお気に入りのアーティストのクリスマスアルバムを引っ張り出してきて聴くこの季節です。ところが今年はエルヴィス・プレスリーの見かけないクリスマス・アルバムをAmazonで見つけました。「どうせ、編集ものかな」と思ったのですが『CHIRISTMAS DUETS』というタイトルが付いてます。あまり期待しないで、MOMAのカレンダーを注文するついでに、米国のAmazonから取り寄せました。
 先日、到着したCDを聴いてびっくり。エルヴィスのクリスマスソングに現役の女性歌手がボーカルを被せて歌っている「デュエット」です。エルヴィスは20代の前半のときと、30代半ばのとき、2回クリスマスアアルバムをつくっています。若さと円熟と、どちらも魅力ある作品です。敬虔なクリスチャンで知られるエルヴィスのクリスマスソングは、素敵です。

Elvis_christmas

 このオリジナルにデュエットで加わったのは、アメリカのカントリーを代表する歌姫たち。実は、このアルバムで初めて知ったのですが、マルティナ・マクプライド、キャリー・アンダーウッド、リアン・ライムスといったカントリーのスターたちがエルヴィスと競演しています。また久し振りに歌声を聴いたスターともデュエット。エイミー・グラント(クリスチャン・ミュージックのスター)、アン・マレー(エルヴィスは彼女のヒット曲「スノーバード」をカバーしてます)、オリヴィア・ニュートン・ジョン(元祖歌姫ですね)といったスターたちも、楽しそうにデュエット。
 これが、ホントのデュエットだったらな、と思わずにはいられない素晴らしいクリスマスプレゼントです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エルヴィスの新作クリスマスアルバム:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。