« ピカソの奥深さを感じた「魂のポートレート」 | トップページ | 東工大にある世界文明センター »

2008/12/15

今年最後のイッセー尾形芝居

 昨日、原宿クエストで「イッセー尾形のこれからの生活2008 in 冬の新ネタ 」を家族で拝見してきました。今年は、イッセー尾形さんの芝居をたくさん見させていただきました。今回は待望の新ネタです。
 Issey6日から始まり昨日が最終日の公演でした。イッセーさんの舞台の楽しさは、当然のことながら綿密な演出と細かな稽古でつくられていると思います。8日目、楽日ということからか、芝居はアドリブかなと感じる場面があるなどかなりこなれていて、とても楽しかったです。今年拝見した中で、いちばん大笑いしたかもしれせん。
 演じられたのは8つのネタ。特に爆笑したのは、(勝手に芝居に名付けますが)「怪しげなブローカー」「わがままなマエストロ」そして「金沢弁のおばあちゃん」。イッセー尾形さんのネタには、演出家の森田さんが石川県出身のため、時々金沢弁が登場します。独特のイントネーションが、面白さを増幅させてくれます。
 今年は、イッセー尾形イヤーでした。楽しい芝居をありがとうございました。
 

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後のイッセー尾形芝居:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。