« いろんなフリーマガジンがあるなあ | トップページ | 芸術新潮の手塚治虫特集 »

2008/11/07

骨董の楽しみとは

 昨日、仕事で遅くなり10時近くに夕飯を食べながら、テレビをつけると、教育テレビの『趣味悠々』で新シリーズ「骨董を楽しもう」が放映されてます。骨董か……。趣味としては。渋さいっぱいですね。テレビ東京の「なんでも鑑定団」は毎週日曜の再放送はよくみてますが、実際に骨董は買ったことがありません。
 さて、この「骨董を楽しもう」によると、骨董品の代表的なものは、美術品、民具、古布。そうなんですね。骨董品というと、どうも古いモノというイメージを抱いてしまいますが、実際には価値があるものもあるのでしょうね。「なんでも鑑定団」をみていても、骨董品を集めるのが趣味になっているひと、多いですね。骨董品には奥深い魅力があるんでしょう。
 ちなみにこの番組の講師をつとめている細矢隆男さんは日本骨董学院をやっておられます。こんな学院があったとは。かなり驚きました。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 骨董の楽しみとは:

コメント

ayakaさん
そうです、日本骨董学院です。

投稿: 自由なランナー | 2008/11/10 07:31

日本骨董学院!!

驚きました@@

投稿: ayaka | 2008/11/08 08:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。