« 渋谷区役所のインド定食 | トップページ | 竹中平蔵さんの勉強本 »

2008/11/16

お得なたばこと塩の博物館の企画展

 渋谷の公演通りにある「たばこと塩の博物館」。これまで存在は知っていましたが、入ったことはありませんでした。「たばこと塩」ですから、旧専売公社の施設でしょうね。最近、このあたりに仕事でいくことが多く、昼休み時間にちょうど前を通りかかったので、入ってみました。
 現在、開館30周年記念の特別展「近世初期風俗画 躍動と快楽」が開催されています。タイトルだけだと、ちょっとぼやっとしていてどんな企画展かわかりにくいですが、16世紀末から17世紀中頃に描かれた屏風絵の展示です。描かれた内容が、遊郭、洛中洛外図、歌舞伎など風俗をテーマにしたものを集めています。
 これだけ書いてもあまり魅力が伝わりにくのですが、展示されている作品の質がとても高いのです。たばこと塩の博物館所蔵の作品に加えて、全国の美術館、博物館から作品を借用しています。国立歴史民族博物館、京都国立博物館、サントリー美術館、出光美術館、細見美術館などからの名品が並んでいます。その数30点弱ですが、さすが見ごたえがあります。
 これだけ名品が揃って、入館料は300円。お得ですね。18日からは、国立歴史民族博物館所蔵の「洛中洛外図(歴博甲本)」が展示されます。「洛中洛外図」は狩野永德筆といわれる上杉本(米沢市上杉博物館所蔵)が国宝に指定されていますが、この歴博甲本も重要文化財。これが渋谷で見られます。会期中に再訪しようと目論んでいます。

Tabacco_to_shio


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/43123421

この記事へのトラックバック一覧です: お得なたばこと塩の博物館の企画展:

» 「近世初期風俗画 躍動と快楽」 [弐代目・青い日記帳 ]
たばこと塩の博物館で開催中の 開館30周年記念特別展「近世初期風俗画 躍動と快楽」に行って来ました。 辻惟雄先生の著書「風俗画入門」によると、所謂洛中洛外図は15世紀後半から16世紀初頭に初めて描かれたものだと記されています。  三条西実隆の日記『実隆公記』の永正三年(一五〇六)十二月二十二日の条に次のような記事があります。   甘露寺中納言来ル、越前朝倉屏風ヲ新調ス、一双二京中ヲ画ク、   土佐刑部大輔、新図ス、尤モ珍重ノ物ナリ、一見興有リ  越前の守護大名朝倉義景が、甘露... [続きを読む]

受信: 2008/11/30 00:16

コメント

Takさん
このミュージアム、地味ですよね。もう30年もやっているなんて、ちょっと信じられません。場所もいいのに、ちょっともったいない。

投稿: 自由なランナー | 2008/11/30 22:04

こんばんは。

私も二度行きました。
それでもお得です。
渋谷駅にこの展覧会の広告出ていましたが
99%の人は無関心のようでした。

投稿: Tak | 2008/11/30 00:17

ayakaさん
ぜひ、いってください。私もいきます。
300円ですから。

投稿: 自由なランナー | 2008/11/23 14:42

あぶない!

この記事見逃していました!

いいですね!行ってみたいです♪

教えて頂いてありがとうございました^^

投稿: ayaka | 2008/11/20 16:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。