« 梅蘭の焼きそば | トップページ | 田畑智子のひとり芝居「バッタモン」 »

2008/10/31

アートバブルが終わったようです

 先月取り上げた「現代アートバブル」、この本は現在のアートバブルを背景にして企画されたものでした。しかし、金融危機が突然のようにきたと同じく、それと連動するかのようにアートバブルも終わったようです。
 昨日の日経新聞夕刊に「『アートバブル』も終わった」と題する記事がありました。現代美術家の村上隆さんのインタビューした内容です。村上さんによれば、上海、韓国でのアートフェアは惨憺たる結果だったが、本格的に冷え込むのは少し先だろう(美術市場は他の市場がクラッシュして1年くらい遅れて影響が出るから)。
 また、現在の現代美術マーケットで、高い値がついているのは、コンセプチュアルな戦略を展開している作家であるといいます(コンセプチュアルな戦略とは、村上さんのように、市場性を考慮して作品をつくるということでしょうか)
 また、日本では白髪一雄や李禹煥(リウファン)の作品が評価を復活させているが、それは強うオリジナリティーを持っているからといいます。
 おしゃっていることは、まさしく正論です。ただ、なぜか村上さんの主張には、ひっかかってしまうのですよ。すんなり納得できない感じです。
 また、この記事でちょっと驚いた内容がありました。村上さんが2002年から主催しているアートフェア形式のイベント「GEU|ISAI」。毎回、数億円の赤字がでていて、村上さんの会社からの持ち出しとか。単純に考えると、村上会社(カイカイキキ)は、それ以上の利益を得ているわけです。これもすごいことです。アートって、うまくやれば儲かるものなのですね。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/42956029

この記事へのトラックバック一覧です: アートバブルが終わったようです:

コメント

ayakaさん
私も「芸術企業論」読みました。何度も何度も同じこと書いてあるので、途中で読むのを放棄しまいした。

投稿: 自由なランナー | 2008/11/03 10:46

以前村上さんの「芸術起業論」を読みましたが
今ひとつなじめないものがありました。

というか、あの作品が日本として世界に出て行くことにちょっと抵抗が・・・^^;

投稿: ayaka | 2008/10/31 07:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。