« ガイドブックになさそうなタイのレストラン | トップページ | 秋のビールといえば…… »

2008/09/16

JIM THOMPSONブランドの魅力

 先日、タイのジム・トンプソン・ハウスのことを書きました。ジムは1967年、突然失踪し、今でもその消息は謎のままです。現在ではジム・トンプソンはブランド化し、タイ国内を中心にいくつも店をやっています。衣類、バッグ、ポーチ、ケース類などセンスのいいものを作っています。
 ジム・トンプソン・ハウスや、バンコックには何店舗もあります。ここのデザインは、さりげない色彩のバランスが特徴といっていいでしょう。色と模様が独特で、日本ではありそうで、あまり見つけられないセンスの良さです。いくつか買ってきたのですが、そのひとつ、眼鏡ケース。ストライプ柄がお洒落。現地で430バースですから、1バース=3.6円で計算すると1550円ほど。安いですね。日本の通販だと、2倍以上しているようです。

Jim_glasses_case

 何年か前までは、日本のデパートにも出店していたようですが、いまはすべて撤退しています。今の東京なら、ジム・トンプソンのセンスは受け入れられる、と思っているのですが。残念ながら、タイに買い出しにいくしかありません。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: JIM THOMPSONブランドの魅力:

コメント

ayakaさん
カラフルで、ポップ。その通りですね。
素敵なブランドなのに、日本で買えないのが残念です。

投稿: 自由なランナー | 2008/09/18 07:10

ジム・トンプソン覚えてます。
デパートにありましたよね。
カラフルでポップな感じが好きでした。
最近そういえば見ないですね。
どうして撤退してしまったのかしら??

投稿: ayaka | 2008/09/16 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。