« サラリーマンと出張 | トップページ | 連携する港区のミュージアム »

2008/08/21

魔性の女

 いつもほとんどドラマを見ないのですが、いま放映されている『四つの嘘』はここのところ毎回見てます(東京では今日、放映ですね)。最初は羽田美智子を目当てにチャンネルを合わせたのですが、死んでしまう役で、見始めた第二回にはもう登場していませんでした。
 このドラマ、永作博美演じる原詩文という女性の「魔性の女」ぶりが、注目点のようです。ドラマのストーリーは、ある意味たわいもないのですが、確かに永作博美の演技は秀逸です。この女優さん、ほとんど始めてみたのですが、映画ではその演技、高く評価されている女優さんなんですね。確かに、表情、台詞、そして仕草は、うまいなと感心します。共演している高島礼子の幅が狭い演技に比べると、その技量が際だちます。
 永作本人は、魔性の女というキャラクターに満足していないようですが、ドラマでは何とも表現しにくい不思議な女性を演じています。ドラマの今後が、ちょっと楽しみ。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔性の女:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。