« 夏場のジョギング | トップページ | 仙台-新千歳便まで廃止 »

2008/08/06

井上陽水の弾き語り

 もう30年以上も前の映画で「放課後」という邦画があります。主演は栗田ひろみ。この映画のDVDをかってまま、みていないのですが、映画の中で井上陽水の「夢の中へ」と「いつのまにか少女は」が流れます。これが私の井上陽水との出会いです。
 井上陽水の『弾き語りパッション』を聴いていると、彼がすでに30年以上もシンガーとして活躍していることの、改めて驚きます。このアルバムは、もともとはコンサート会場限定で販売されていたものを、公式に発売したものだそう。その経緯からか、アルバムとしての統一感はあまり感じられず、淡々と弾き語る井上陽水の歌が続きます。やはり、井上ファンのための一枚といえそうです。
 どこかにしまい込んだ陽水のベスト盤を聞きたくなりました。

Yousui


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 井上陽水の弾き語り:

コメント

pochiさん
ごぶさたしています。
コメント遅れてすみません。
お盆の帰省ラッシュは相変わらずですね。もうニュースの風物詩って感じ。
おっしゃる通り、この原油高が続くと、この国の経済はどうなってしまうのか。もうかつてのような景気よさはもどらないのかもしれません。

投稿: 自由なランナー | 2008/08/13 21:36

すみません
違う日にコメント書いてしまいました

投稿: pochi | 2008/08/07 07:12

ごぶさたです。
私も見た時は以外でしたがまだJALが残っているだけ良いのではないでしょうか?
変更後のJALの時刻表を見ていないので使える物かどうかはなんとも言えませんが...AIR-DO単独、AIR-DOコードシェアで残るのではという別情報もあるようです。正式発表は今週中のようです。

まだ福島ほどの衝撃ではないのでは..

今は東京で長期出張中です。
話題からそれますが羽田-札幌間のお盆期間08日~17までの混み方は異常ですね。終日満席が数日存在しています。

このまま原油高が進めば国内は本当に幹線しか飛べなくなるかもしれませんね、かつてJR北海道が行ったように

投稿: pochi | 2008/08/07 07:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。