« 井上陽水の弾き語り | トップページ | dancyuの苦労 »

2008/08/07

仙台-新千歳便まで廃止

 昨日の日経新聞、一面に「日航、21路線廃止、減便 全日空は約10路線」の記事。かねてから伝えられている燃料費の高騰が、現実的な影響になってきました。国際便はサーチャージとやらを利用者に負担させればいいのですが、国内線はそうもいかないようです。廃止されるリストをみて、驚いたのが全日空の「仙台-新千歳」便の廃止。これ、ほんとに無くなるんですか。仙台にいたころ、札幌に仕事でいくとき、よく利用しました。
 現在、仙台→新千歳の便は、全日空は1日7便、日航4便。全日空が無くなるとほんと不便になります。うちの会社では東北と北海道が営業部門の組織としては同じです(北日本支店とか、北日本営業本部という組織の会社、少なくないのでは)。仙台から札幌への移動は、陸路(鉄道)では、ほぼ不可能。乗換検索では、仙台から札幌まで鉄道を使うと、9時間以上かかります。冗談ではなく、仙台か東京へ新幹線でいって、そこから飛行機で札幌までいくほうがいいかもしれません。
 燃料高騰は、地方への負担をしいる格好となっています。予想はされていましたが、重たい現実です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仙台-新千歳便まで廃止:

コメント

macさん
AIR DOで残す訳ですね。仙台-新千歳便はやはりマイナーな路線ということを、いまさらですが再認識しました。

投稿: 自由なランナー | 2008/08/13 21:22

仙台~新千歳はエアドゥに移管するみたいですね。流石に全廃はないだろうな、と思いましたが、NHグループとしては残るようで幸いですね。

投稿: mac | 2008/08/09 10:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。