« 作品の質に圧倒された「対決-巨匠たちの日本美術」 | トップページ | セブンイレブンの涼菓杏仁 »

2008/08/18

マラソンというスポーツ

 オリンピック、私としてはあまり盛り上がっていないと思っていたのですが、いざ見始めるとかなり熱中しています。(星野ジャパン、もっと気合いをいれろ、なんて熱くなりました)スポーツ観戦はあまりしないほうなんですが、オリンピックはなぜかひかれます。ひょっとすると「真剣勝負スポーツの熱気×国家意識高揚」の計算数値がかなり高いせいかも。
 さて、女子マラソン、ちょっと残念な結果でした。かれこれ、13年ほど走ることに取り組んでますが、マラソンってちょっと変わったスポーツかもしれません。梅ランナーの私が偉そうにいう立場にはないですが(松竹梅の梅です)、マラソンのトレーニングって(かなり乱暴な表現ですが)結局走ることなんですね。もちろん、副次的な筋トレとかもあるかもしれませんが、最後はどれだけ距離を走ったかです。例えば1か月に300キロ走ったという事実が、精神的に大きな支えになります。
 そして、それだからこそ、ついつい走り過ぎてしまうのですね。私も、なんどか足が痛くなりなり、レースに出られませんでした。肉離れしたことの原因が単純に走りすぎ、と決めつけるのは簡単です。しかし、ランナーの心理構造を察すると、しかたがないと思ったりもします。
 マラソン、不思議なスポーツです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラソンというスポーツ:

コメント

ayakaさん
日本人のふがいなさにくらべ、38歳の頑張りには感心しました。マラソンは経験が重要なんですね。

投稿: 自由なランナー | 2008/08/20 07:38

優勝したのが38歳と言うのに驚きました。

投稿: ayaka | 2008/08/18 11:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。