« 朝御飯を食べないなんて | トップページ | ソースが美味しいとんかつ »

2008/06/19

首都圏の鉄道、過大なサービス?

 先週末、東京では副都心なる地下鉄が開業。この出来事は、NHKのニュースでもたびたび報じられるなど、ちょっとした大事件です。でも、たかが池袋と渋谷の間、乗車時間15分くらいの路線が開通しただけでこの騒ぎ、ちょっと大げさではないですか。副都心線に関心があるのは、新宿、池袋の商業施設に関わる人、沿線に住んでいる方、そして鉄道ファンくらいではないですか。
 ここ5年ほどの東京の鉄道会社のサービス度は、どんどんアップしている感があります。急行、特急が出来たり、増えたりといった運行面や、車内のアナウンスが女性になったりするといったソフトウエア面、そして駅の増改築といったハード面など、かなり充実してきています。
 Zikokuhyo東急では今月22日からダイヤが改正になります。その新しい時刻表が駅で配られていました。220ページ以上の冊子ですが、無料配布です。ちょっと前まで、確か何百円かで販売していたものです。東急もサービスがいいです。東京の鉄道はサービスを競い合っているかのようです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 首都圏の鉄道、過大なサービス?:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。