« 谷中界隈へ | トップページ | 知られざる美術館 »

2008/06/23

江戸切子の技

 昨日、渋谷の東急本店まで出向きました。デパートなど(デパ地下以外)めったに行かないのですが、お目当ては工芸ギャラリーで開催されている「小林叔郎・山田輝夫 切子二人展」です。江戸切子、あまり馴染みがないかもしれません。切子、すなわちカットグラスです。江戸時代後期に制作され、いまも東京都内の職人に、その技が受け継がれている伝統工芸です。
 実は、昨年武蔵美の科目「工芸」で、工芸品の生産現場を見学してレポートする課題がありました。その際、工房を訪れ、見学させていただいたのが、小林叔郎さんです。催しのご案内をいただき、会場にうかがったわけです。残念ながら小林さんは会場にはいらっしゃいませんでしたが、展示されている作品をじっくり拝見しました。
 ガラスをカットして作られる江戸切子は、芸術作品です。切子に限らず、伝統工芸の素晴らしさは、実物をみて、そして触れなければその良さはなかなか分かりません。伝統工芸の置かれている状況は、厳しいものがありますが、この職人芸は受け継がれて欲しいと思います。

江戸切子 小林 WEB

江戸切子 公式WEB

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/41613669

この記事へのトラックバック一覧です: 江戸切子の技:

» 彩り硝子工芸で切子を [アソコのハナシ]
亀戸で伝統工芸・江戸切子の"マイぐい飲み"作りに挑戦!土曜日、日曜日の午前中に開講される大人の江戸切子教室は、全4回でペーパーウェイト... [続きを読む]

受信: 2008/06/24 07:17

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。