« 東京の鉄道が変わっている | トップページ | 練馬区立美術館のコレクション展 »

2008/04/27

蒲田は変わってしまうのか

 蒲田という街は、不思議なところです。駅前には大きなスーパーやデパートがあるわけでもないのですが、繁華街の範囲は広く、人も多く、活気があります。少しばかり失礼な表現ですが、ごみごみ感がいっぱいの街で、オシャレとは対極の位置にあります。
 その蒲田の駅ビルが全面的に改装され、10日ほど前にオープンしました。これまでは駅の東と西に別な名前であった駅ビル(パリオとサンカマタという名前でした)、グランディオ蒲田というネーミングで統一されました。昨日、探検にいってきました。すっかりオシャレな店になってます。ここの地下街は、ごちゃごちゃ感がありながら、価格はリーズナブルでわざわざ買い出しにいっていました。これが、すっかり綺麗になって、あまり蒲田らしくありません。なんか、魅力ない感じ。
 でも、蒲田駅から京急蒲田の駅へ向かう一帯は相変わらずの表情です。特に京急蒲田駅前に続くあたりには、なかなか個性的な店が並びます。

Kamata1

「毎日激安」っていう店名なんでしょうか。
 蒲田といえば、羽根付き餃子で有名。これですね。

Hanegyoza

「金春」というお店の焼き餃子。6個300円という安さ。蒲田はこれでなくてはいけません。


|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 蒲田は変わってしまうのか:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。