« 札幌はラーメン国家? | トップページ | オホーツク北見塩やきそば、とは »

2008/03/04

北見へ、きた

 昨日の朝、札幌から北目へ移動。初めて訪れる土地です。飛行機のアナウンスで「女満別空港の気温はマイナス13度」っていってます。寒そう。バスで北見駅に降り立ったとき、「うわー、寒い」って感じます。でも、のったタクシーの運転手さんに「今日は暖かいねー」て言われました。暖かい仙台に慣れている身にとっては、充分寒いと感じますけど。だって、3月で、マイナス13度ですよ。
 さて、夜の街へ。一人旅の出張なので、自由に出歩けますが、なにせ寒い。会社の人にすすめられた「オホーツクビール」へ。ここ北海道での地ビールのはしりで、地元で人気の店だそう。しかし、この寒さの中、ビールを飲みに行く人は珍しいらしく、さすがにお客さんは少なかったです。いろんな地ビールを堪能しました。Okhotuku_beer
 北見は、なんでも焼き肉やが多い街らしい。ホテルにあったガイドによると、「その昔、屯田兵がこの地方に赴任したとき、ホルモンを食べたのがその始まり」と書いてあります。オホーツクビールの料理にも、「ホルモンの唐揚げ」があり、これが美味。

Kitami_karaage

 寒かったですが、北見の夜、楽しみました。今日の夜も、ここに宿泊です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 北見へ、きた:

コメント

ぞうさん
こんにちは。
きっとその日は暖かったかも。タクシーの運転手さんによると、前は零下30度ということもあったといってました。

投稿: 自由なランナー | 2008/03/07 05:19

おはようございます。

ナイスタイトルですね。

20年ほど前、年末の北海道を旅行した時、昼の北見駅前の温度計が-8度だったことを思い出しました。その日はきっと暖かい部類の日だったのですね。

投稿: ぞう | 2008/03/06 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。