« 北見へ、きた | トップページ | 北見の美術状況を垣間見る »

2008/03/05

オホーツク北見塩やきそば、とは

 北見の食の名物は、ホルモン(焼き肉)に加え、「オホーツク北見塩やきそば」だそうです。塩やきそば、とは初めて聞きました。ご当地のB級グルメの大会「B-1グランプリ」には、各地の焼きそばがでていますが、塩やきそばはないです。ともあれ、昨日の昼食に食べてみました。

Sio_yakisoba

 鉄板にのった焼きそば。テーブルにある食べ方によると、一緒に付いてくるホタテスープをかけて食べるのだとか。スープをかけると、鉄板がジュウと音を立て、迫力もの。
 実は、あまり期待していなかったのですが、これがかなり美味しい。ホタテ、タマネギ、キノコなどの具と麺が、塩味で炒められていて、そこへホタテのスープがからんで、いい味を出しています。B1グランプリに参加している横手の焼きそばより、この塩焼きそばのほうが好みに合います。あっさり味でながら深みがあり、具材もヘルシー。 
 塩焼きそばの食べ方は、スープに付けて食べる方法もあるうそですが、なかなかユニークな一品です。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オホーツク北見塩やきそば、とは:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。