« WindowsでもSafariが使える | トップページ | 青森県立美術館の今 »

2008/02/26

大戸屋がある街

 Apmori昨日から、青森市に来ています。着いたのが、夕刻だったせいか、駅前は帰宅する人たちで、人通りが多い時間帯です。青森に仕事で来るようになって、4年ほどたちましたが、青森駅前は少しずつ活気が出てきたようです。出張で東北各県にいくと、「シャッター通り」を見ることも少なくなく、経済の厳しさを感じます。青森市ではコンパクトシティを掲げ、住まい、職場、学校、病院、遊び場などの「機能」を、都市の中心部にコンパクトに集める施策を行っています。
 駅前に高層マンションがいくつかできたり、新しいホテルがオープンしたりと、街がちょっと変わっている印象です。昨年できたホテルの一階には大戸屋もあります。大戸屋といえば、都会の定食屋というイメージだったので、ちょっと意外。WEBで調べてみると、大戸屋はフランチャイズもあるので、青森の店はそれかもしれません。
 都会と言えばスタバも思い浮かびます。青森県にはスタバがある街はありません。お隣の岩手県には何店舗かあります。スタバとか、大戸屋であるなしで、街を調べてみると面白いかもしれません。こんど暇なときにやってみようかな。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大戸屋がある街:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。