« 東山魁夷のカレンダー | トップページ | クリネックススタジアム、ですか »

2007/12/08

村上春樹の奇譚集

 単行本が出たときに、買いそびれてた村上春樹の『東京奇譚集』が、新潮文庫ででたので、手に入れました。奇譚、という言葉からは永井荷風が、確か『墨東奇譚』を書いていたな、とか、『奇譚クラブ』なんかもあったな、とイメージします。
 都会の片隅でおきた不思議な出来事を描いた5つの短編。熱心な村上の読者ではないので、いいかげんな感想ですが、とても読みやすい小説集ですね。まあ、もっと深い意味を読み込まなくてはいけないのかもしれませんが。読んでいて印象に残ったのは、村上の描く人物像って、ちょっと紋切り型にはまり込んでいるのでは、と感じたのですが、どうでしょう。
 この本読んだら、阿刀田高の作品を読み直したくなりました。何故だろう。

Kitan


|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/17303779

この記事へのトラックバック一覧です: 村上春樹の奇譚集:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。