« ラッセル・ワトソンという歌手 | トップページ | リサイクル箸は広まっているが・・・ »

2007/09/17

卒業論文というもの

 この週末は幸い3連休で、まだまだ暑い東京に帰ってきています。しかし、土曜、日曜とほとんど家から出ない生活を送ってます。(朝のジョギングがいちばん遠くまでいった感じ)というのは、大学の卒業論文に手をつけ始めたからです。私の専攻するコースでは、卒論は必修です。これを完成させ、合格しないと卒業できません。
 まだ、秋になったばかりなのに、っていう感じですが、完成原稿に先立つ草稿を、来月下旬までに提出しなければいけません。まだ、時間があるとはいっても、文字数は2万字から4万字。4万字は400字原稿用紙で100枚、ちょっと書きでがあります。
 この2日を原稿書きにあてたため、すこしは進みました。でも、まだゴールは遠いです。明日もやらねばいけません。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卒業論文というもの:

» 小論文の難しさ [小論文が苦手だった男のブログ]
ここで紹介する難しさは「自分の考えに対する反論への再反論が難しい」を意味します前の記事でも紹介しましたが小論文の基本構成は①自分の考え②反対意見③再反論④結論ですこの、反対意見を書いた後に再反論で、その根拠を根底から覆すくらいの論理に基づくことができるかが重要になってきますでも、思いつかないことってあるんですよ「こう、主張したはいいけど…うまくいかない」なんてこと、僕はしょっちゅうありましたねwでは、どうしたか?覚えました使えそうな、「反対意見・再反論パターン」を紙に書き留め...... [続きを読む]

受信: 2007/09/17 10:29

コメント

ワタリドリさん
こんにちは。
素敵なアートブログをお作りですね!早速読ませていただきます。
単身赴任だからできるのかもしれません(苦笑)

投稿: 自由なランナー | 2007/09/22 08:21

はじめましてワタリドリです。
と言っても、以前に「悠歩」の名でコメントさせていただいたことがあります。
悠歩のブログからアート系の記事を別のブログに移行させました。まだ始まったばかりですが、宜しくお願いします。
さて、卒論ですか!
お仕事をしながら、しかも単身赴任で、大学通信教育を受けられ、卒論を書かれるとは...
とても私にはできません。
苦労を上回る達成感があるのでしょうね。
頑張ってください、いや、楽しんでください!

投稿: ワタリドリ | 2007/09/19 22:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。