« 鯨をめぐる妙な話 | トップページ | 仙台茶豆の季節 »

2007/07/09

増田屋の「たぬき丼」

 昨日で長かった「本作り」のスクーリングも終わりました。さて、大学は吉祥寺の駅から歩いて15分くらいの住宅街の中にあります。隣には法政一高がありますが、近くにコンビニさえありません。昼食は、(他に店がないので)近くにあるそば屋に3日連続でいってしまいました。屋号は「増田屋」。東京ではたまに見かけるそば屋です。小学校の同級生の家が増田屋です。ここは、のれん分けなんですかね。
 さて吉祥寺の増田屋は、庶民的(?)な雰囲気。お品書きはそば、うどん類に、きしめん、ラーメン、カレー、丼などかなりの数が揃っています。ここで、1日目はかつ丼セット、2日目は親子丼セットと丼物セット(丼とそば)を食べましたが、吉祥寺最終日の昨日は、お品書きで気になっていた「たぬき丼セット」を頼んでみました。

Tanukidon

「たぬき丼」って、あんまり見かけないですよね。運ばれてきた一品は、予想通り揚げ玉の玉子とじをしたものでした。なんか、不思議な食感です。揚げ玉がぐにゅっとなって、玉子にとじ込まれてます。これなら、玉子丼のほうがいいかも。
 このたぬき丼、どこにもあるものなのでしょうか。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 増田屋の「たぬき丼」:

コメント

デハポ1000さん
「増田屋」登録商標なんですね。
そうなんですね、揚げ玉を卵とじすると、なんか変です。
カレーソースに揚げ玉のほうが合うかもしれません。

投稿: 自由なランナー | 2007/07/29 15:11

増田屋(登録商標)てのは厳密なのれんわけという意味ではないようです。結構店によって味のばらつきがあります。
けどたぬきどんぶりかあ、初めて見ますが食指が動きませんね。残念ながら。

カレー屋さんでカレーソースに揚げ玉を混ぜてサービスしてくれる店があり私は好んで頼んでいました(無料)ですが、同行者はみんな「変態だあ」という顔で見てました(泣)

投稿: デハボ1000 | 2007/07/09 23:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。