« 横手やきそば、再び | トップページ | 同じ通信教育といえど »

2007/06/02

ねむの木学園の美術展

 なぜかあまり足がむかない六本木ヒルズ森アーツセンターギャラリーにいきました。昨日からはじまった「ねむの木のこどもたちとまり子美術展」を見るためです。宮城まり子さんが創設したねむの木学園は、40年の歴史を刻んでいます。この展覧会は、ねむの木学園の生徒54人による美術展です。森アーツセンターギャラリーのWebにはこうあります。

学園ではこどもに絵の描き方を教えることは一切していません。こどもたちはただ感覚を集中して絵を描きます。こどもたちの豊かな感性に包まれた「ねむの木」の世界をお楽しみ下さい。

 色彩豊かな約230点に及ぶ作品は、どれもすてきです。折しも会場には宮城まり子さんもいらっしゃいました。
 詳しくは、最近更新をさぼっていたここに書かせてもらいます。おすすめの美術展です。

 

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/15281432

この記事へのトラックバック一覧です: ねむの木学園の美術展:

» ねむの木学園のこと [WEBの情報缶!]
ねむの木学園とはWikipediaより -- 『ねむの木村』より : ねむの木村は、静岡県掛川市上垂木にある、社会福祉法人ねむの木福祉会が運営する施設群の総称。肢体不自由児療護施設ねむの木学園、学校法人ねむの木養護学校、身体障害者療護施設ねむの木・のどかな家、の三つを...... [続きを読む]

受信: 2008/07/25 04:32

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。