« おとなのOFFは「美術館が変わった」 | トップページ | 東北って、いちばんの地方ですか? »

2007/06/12

「日本の仏像」と「仏教新発見」

 ちょっと前に書いたのですが、同じ仏教をテーマにした二つの週刊本を、創刊号だけ(安かったので)買ってきました。比べてみると・・・。

Butuzou_1

 表紙はどちらも仏像、タイトル文字は赤と、受ける印象は同じようなものです。
 「日本の仏像」(講談社)は、原寸大が売り。創刊号では、興福寺の阿修羅像を7ページにわたり原寸大の写真でみせてくれます。当たり前ですが。テーマが仏像なので、仏像をみせるページが多い。仏像に詳しくない私でも、楽しめる構成になってます。
かたや「仏教新発見」は読ませる記事が多い。特に、著名な書き手を起用して、きっちり仏教を理解させようとしています。創刊号には瀬戸内寂聴さん、五木寛之さんの文章が掲載されています。この号は法隆寺の特集ですが、この寺について細かい記述がされています。資料性は高そうです。
 さて、どちらも定期購読したくなりますが、置くスペースを考える躊躇してしまいます。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「日本の仏像」と「仏教新発見」:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。