« 美術館をはしご | トップページ | 「日本の仏像」と「仏教新発見」 »

2007/06/11

おとなのOFFは「美術館が変わった」

 今年は私の予言通り(?)、美術館がきてます。こんなことは美術ファンなら、だれでもわかることですが。六本木のミュージアムブームが一段落したと思っていましたが、今月号の「日経おとなのOFF」は『美術館が変わった』が特集のテーマです。
Nikkei_off_1 羽田美智子さんの表紙につられてついつい買ってしまいました。でも、内容は、「六本木VS上野」や「最新美術館を旅する」など想定内のテーマでした。
 六本木地区は、確かに人の流れが変わっていますね。先週末、国立新美術館に行きましたが、モネ展のおかげですごい人でした。また、ミッドタウンも多くの人出。もともと歩道が広くないところなので、歩くのは大変でした。しかし、ミュージアムの力で街が活性化しているとしたら、それは素晴らしいことです。
 大人の人にとって、ミュージアムはわかりやすいスポットであることは間違いないでしょう。マスコミに取り上げられるのは、ほんの一瞬です。一時のブームに終わらずに、アートファンが根付いてくれるといいと思います。

|

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41640/15383653

この記事へのトラックバック一覧です: おとなのOFFは「美術館が変わった」:

コメント

ヒロ子さん
モネ展、すごい人でしたね。30分待ちの列を見て、鑑賞を断念しました。

投稿: 自由なランナー | 2007/06/14 07:07

モネ展を観てきました。
作品数が多いことには満足でしたが、
人出も多くて疲れました。

六本木
…私もかつては縁の無い地域でしたが、
美術館ができたおかげで足を運んでいますものね。

投稿: ヒロ子 | 2007/06/12 18:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。