« BRUTUSで、西洋美術を楽しむ | トップページ | 有料のお花見 »

2007/04/10

社会人が学び続けること

 統一地方選が終わり、こんな話題がWEBにありました。
「文政両道」学生議員15人誕生、最年長62歳も
8日投開票された44道府県議選と15政令市議選で、大学や大学院(通信課程を含む)に在学している候補者30人のうち、神奈川、広島県や千葉、福岡市など9府県・5市で男性13人、女性2人の計15人(読売新聞社調べ)が当選を果たした。(YOMIURI ON LINEより引用)


 社会人になっても、大学で学べる機会が増えているのですね。社会入試を行う大学も多い。かの東国原知事も社会人入試で早稲田大学へ入りました。
ネットで探してみたらこんなWEBもありました。
「社会人のための大学案内」
「大学・大学院ネット」
 志望者も多く、(変な言い方ですが)マーケットが広がっているんですね。

 また、先週はこんなニュースがありました。
山形大学:「タカラ」83歳創業者が大学院入学
「チョロQ」「リカちゃん人形」などで知られる玩具メーカー「タカラ」(現タカラトミー)創業者の佐藤安太(やすた)さん(83)が6日、山形大学大学院ものづくり技術経営学専攻博士課程に入学した。(MSNニュースより引用)

83歳で、大学院に入り、博士課程の取得を目指すは、すごいことです。

 生涯学習すなわちずっと学んでいくことは、なかなか難しいことですが、いつでもやる気があれば学べる環境は整ってきているのでしょう。いいことだと思います。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 社会人が学び続けること:

コメント

デハポ1000さん
>こういう問題意識を持ってくるから選挙に出るのかともいえますね。
そうかもしれませんね。政治家になる人、エネルギーに溢れてますね。

投稿: 自由なランナー | 2007/04/12 22:56

>生涯学習すなわちずっと学んでいくことは、なかなか難しいことですが、いつでもやる気があれば学べる環境は整ってきているのでしょう。
これ嫌味ではなくて、ニーズは有るけれどもインカマーの問題で・・と言う方もいそうだと思いました。(当方、このこともあって、MOT大学院にトライ出来なかった経験あり)
一方、気力・体力が満ち溢れている候補者が多いことに対しては認めてあげるべきですね。むしろ、こういう問題意識を持ってくるから選挙に出るのかともいえますね。

投稿: デハボ1000 | 2007/04/10 07:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。