« 新鮮な昭和の写真 | トップページ | 秋田といえば »

2007/04/19

東京をテーマにした2つの雑誌

 4月、東京に新たに住み始める人も多いのでしょう。東京の旬な情報をテーマにした雑誌が、いくつもでています。その一つ、PEN。中吊り広告で見かけ、迷ったのですが、つい買ってしまいました。特集は『街の案内人と歩く、東京マップ2007』です。なんとも、直球すぎる特集です。リードにこうあります。「街を知りつくした案内人と、「いま」の東京を歩こう」とか。街を知りつくした、とはすごい。
 で、その街ですが、六本木、下北沢、丸の内、人形町、銀座、学芸大学、新宿三丁目、二子玉川。なんか座りが悪いセレクション。特に学芸大学。いま、学芸大学って注目されているんですか?この街、実家の隣駅なんですが、そんなブームとは知りませんでした。特集の中身はほとんどが店情報です。 

 一方、CASA BRUTUSの今月号は『最新東京100』です。「安藤忠雄21_21DESIGN SIGHTから東京カレーラボ、ヨガ進化形!?まで、知っておきたいキーワードはこれ!」とあり、中身は情報満載で、(まだちょっとしか読んでいないのですが)面白そう。

Img_7151

 ちなみに、2つの雑誌の表紙を並べてみると・・・。PENの表紙、このデザイン単純すぎ。これなら私にもできます。デザイナー、仕事しているのか、と言いたくなります。あいかわらず、ゆるいつくりのPENです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東京をテーマにした2つの雑誌:

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。