« 長野といえば | トップページ | 居酒屋の朝食 »

2007/03/05

地方で見かける旧東急電車

 この一週間くらい、地方鉄道に乗る機会があり、面白い車両に出会いました。先週、十和田観光鉄道で十和田市までいってきました(仕事です)。この電車、青森県の三沢から十和田市を結ぶ電車です。ここの車両は、

Towada_kanko

 この電車、昔東急線で走っていたものですね。このサイトがマニアックで詳しいです→レールファンとうてつ

 また、長野市から小布施や湯田中方面へと走る長野電鉄では、こんな電車が。

Nagano_densya1


 これも旧東急線の車両でしょう。
 また、これも古い。

Nagano_densya2

 昔の営団地下鉄(現東京メトロ)の日比谷線を走っていた車両。これも東横線の日吉まで乗り入れしていたので、よく乗りました。(ちなみに長野鉄道WEBはここ
 電車車両の寿命って長いんですね。懐かしかったです。

|

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 地方で見かける旧東急電車:

» 長野電鉄 [長野電鉄]
長野電鉄に関するサイトです。必要な方のみごらんください。 [続きを読む]

受信: 2007/03/07 14:24

コメント

あかしろ城主さん
こんにちは。
鉄道がお好きなのですね。地方鉄道は、なかなか味わいが深いようです。
出張のささやかな楽しみです。

投稿: 自由なランナー | 2007/03/21 20:24

仕事でローカル私鉄に乗る機会があるとはうらやましいですね。十和田観光電鉄、長野電鉄ともに学生時代に東京から乗りに行きました。

この歳になると、乗るためだけに行くのは何となく気恥ずかしく、「出張の折にたまたま利用した」形にしたいのですが、そうした機会はめったにありません。

投稿: あかしろ城主 | 2007/03/20 13:21

デハポ1000さん
なるほど、そうなんですね。
ちなみに、長野電鉄には小田急のロマンスカーも走っていました。

投稿: 自由なランナー | 2007/03/07 07:48

いえるのは、
(1)五島家が代々長野を地盤にしていたこと。
(2)長野県は空気が乾いていて、電車の寿命がながいこと。(電装)従って車体もステンレスにしておいたほうがいいこと。
(3)ながの東急百貨店が商社部門としてこの手の斡旋を推進していること。

十和田観光は、私鉄協会からの斡旋というのがあるみたいです。(あの会社は国際興業の子会社ですが、国際興業系列に鉄道会社がないのです)

投稿: デハボ1000 | 2007/03/05 12:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。